レストラン ビオス(富士宮)循環する時間

ホワイトアスパラのみかんのソースの甘さ、筍のバターの油甘さ、新玉葱の根菜独特の甘さ、コックオーヴァンの煮込みの独特の甘さ。
本岡さんの料理の今回のキーワードは「甘さ」だ。
ひと口に甘さといっても位相はいろいろだなと気づく。
コクの強い弱いや、甘さそのものの違いがよくわかる。
「甘い料理が好きなんです」。
本岡さんにたずねると、率直なコメントが返ってきた。
塩分をきかせたくないときに、甘味で旨味を際立たせているのだという。

​​​L’evo(レヴォ・富山)その料理は自己表現ではなく

谷口さんの、富山の食材や器に対する徹底ぶりは、谷口さんの言う「チーム レヴォ」ということばによく現れている。
単に食材を調達するだけではなく、自ら生産地へ出かけ、生産者とともに新しい食材を生み出す。谷口さんがオファーをして生まれた、名古屋コーチンを掛け合わせた「レヴォ鶏」は、その代表的なものだ。
新しく生まれた食材はまた、富山の新しい魅力という円環の一部となって繋がっていく。
食材ひとつひとつは豪華な高級食材ではないように見えるのに、料理になると印象が変わるのが不思議だ。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る