金沙庁(杭州・四季酒店)

「杭児風」という言葉があるらしい。
流行の兆しが見えると、われもわれもと流行を追いかけるが、人気にかげりが見えるや否や何事もなかったかのように忘れてしまう。
熱しやすいが同時に冷めやすい杭州人のことをあらわしているとのことで、熱しやすく同時に冷めやすいのは杭州人だけではないような気がするが、それにしても、ここ杭州だけでも、街の変わりようは激しかった。

Jinsha_Hangzhou01

フォーシーズンズホテル杭州アットウエストレイク(杭州西子湖四季酒店)は、杭州市街の西側にある西湖のほとりにあるフォーシーズンズで、2010年開業の新しいホテルだ。

私自身の杭州訪問は2010年早春が最後で、今回は7年ぶり。
7年前は(四季酒店がまだなくて)、杭州で評価の高いレストランというと、杭州郊外の富春山居くらいかな…という時代だったので、杭州のレストラン事情、街全体と同様、この7年の間に大きく変わった感じ。街全体が垢抜けて見えた。

杭州の街場のレストランでは惹かれるものがまだないのだけれど、外資大手のホテルが杭州に出揃って、それにつれて料理店も充実したような感じがする。
金沙庁も、富春山居も、以前訪れたアマンファユンのダイニングも、いずれもホテルのダイニングだ。

Jinsha_Hangzhou_entrance

で、今回の金沙庁。
西湖のこの場所を金沙港と呼んでいたそうで、それが「金沙庁」というこの店の名前の由来になっているらしい。
ホテル正面玄関から長い、長い廊下をひたすら歩く。

注文はすべてアラカルト方式。

凉拌石笋干
宋嫂鱼羹
金牌扣肉配玉米饼
时令田園蔬菜(上湯)
龙井炖奶
古法陈皮红豆沙

下の2つは龍井茶のプリンと小豆のお汁粉なので、今回注文の料理は正味4品。
お昼が龍井草堂だったので、夜はアラカルトで軽めにしておこうという算段だ。

Jinsha_Hangzhou03

凉拌石笋干
このタケノコを薄くスライスしてしんなりさせ、軽く火を通す料理は杭州ではポピュラーな料理で、お昼の龍井草堂でも出た。

Jinsha_Hangzhou04

金沙庁のはそれよりも形状はもっと細く繊細で、味は強くパンチがきいている。唐辛子の辛さがあとでくる。パンチがきいているのに品格が感じられる味になっているのは、食べられないスジのようなものは決して残さない処理の巧みさからきているのかな。

Jinsha_Hangzhou02

ちなみに龍井茶も注文。68元。比較的普通。
背の高いグラスで、上から熱湯を注いでくれる。

Jinsha_Hangzhou06

宋嫂鱼羹
中国のレストラン口コミサイト「大衆点評(dianping)」でレビュアーが最も多く注文していたスープだというので注文してみた。
この大衆点評、レビューの頻出メニューが自動集計でまとめられているのがとても便利だ。
日本の食べログにも同じ機能がある。

衝撃のうまさ。目が覚めるようだ。
魚のスープということだが、鶏ダシを思わせるもったりしたスープだ。
具はタラとフカヒレ少々、野菜、木耳などのうまみが波状攻撃でくる。
68RMBでお値段も◯。
1碗ごとの提供なので、ふたりで1杯は足りなかった。
こんなに良いと知っていたら、2杯頼んだと思う。

Jinsha_Hangzhou05

金牌扣肉配玉米饼
東坡肉は杭州仕様。
ピラミッドみたいに積み上げるのは、杭州でよく見る形状だ。
薄い豚のバラ肉を真四角に整形するのがポイントで、醤油・砂糖・紹興酒で煮込んだ名物料理。日本でいうところの豚の角煮。白いごはんがどんどん進む味だ。
全体的に盛り付けが美しいのは、優雅なものを尊ぶ杭州料理の特徴らしい。
付け合せのもっちりしたバンズに、野菜とともに挟んでいただく。
東坡肉の土台のキノコ・タケノコの炒め物がまた良い。味が濃いのに上品だ。

Jinsha_Hangzhou07

お行儀が悪いけど、どういうふうに整形しているか知りたくて、ひっくり返してみた。

Jinsha_Hangzhou08

古法陈皮红豆沙
陳皮の香りの強い、小豆のお汁粉。
香港でもポピュラーな「おなじみの味」。
こちらのはさすがに格調高い。

金沙庁は大衆点評で杭州1位、Forbes Travel Guideなどでも評価されているそうだ。
オーセンティックで、奇をてらわず、品格があって、サービススタッフも総じて良かった。
帰りにスタッフにタクシーを2台頼んだら、すぐに横から別の人が1台分の予約を引き受けて二人で手分けして電話していた。
次回は、もう一つの名物らしい「古越陈酿煮花螺」(ばい貝の一種を10年ものの古越龙山で煮た料理)を頼んでみたい。


杭州西子湖四季酒店 Four Seasons Hotel Hangzhou at West Lake
Tel.86 (571) 8829-8888
予約は→こちら

投稿を作成しました 166

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る